看板科学の知見

視認距離で効果を出す

看板は「見えるか?見えないか?」がとても大事です。
見えるために、視線予測を考える、デザインを良くする、設置場所を考える、大きさを考えるなどがありますが、看板自体が見えても看板の中にある文字が見えないと意味がありません。

実は人が判読できる文字の大きさは決まっているのです。
屋外広告士の試験にも出てきます。

例を上げますと・・・
走行速度40キロと仮定して見せたい看板から80メートル離れている場合、20センチ程度の文字サイズが必要です。

  • 37メートル=10センチ
  • 15メートル=4センチ
  • 9メートル=2.5センチ
  • 1.5メートル=1センチ

その他の距離としては、この程度のサイズが必要です。
ただ、実際にはこの1.5~2倍のサイズのサイズが視認効果が高いです。
ここにも大きくするというのがあります。

kyori1_mini

視認距離(m) 0.6 4 9 15 37 80
文字高(mm) 4 10 25 40 100 230