看板科学の知見

第7回 目立て!もつ鍋屋さんのファサードサイン!

とある居酒屋屋さん。
この看板良いのですが、周辺の店舗の方がやや目立っていそうです。
視線を奪われていないか、本当に目立つのかどうか?分析してみましょう!

【解説】

人間の目には、視覚的要素を決める重要な要素があります。それらは、次に挙げる要素になります。

明暗度
赤/ 緑の色コントラスト
黄/ 青の色コントラスト
文字、輪郭

視線予測サービスで解析する画像に、それぞれの”視覚的要素”がどの程度含まれているかによって、解析結果が変化します。これらの視覚的要素を理解してデザインを変更することで、視覚に与える影響を最大にすることが出来ます。

ヒートマップとは、最初の3~5秒のあいだに注意をどれだけ引きつけられるかを「色」で表現したものです。
注意を引きつけやすい場所は暖かい色である黄色や赤といった色で、注意を引きつけにくい場所は寒い色である青や緑といった色で表されます。
ヒートマップを見ると一目瞭然!
あまり赤くなっていませんので思った程視認性が高くないのかもしれません。

上の図はリージョンマップというもので、最初の3~5秒のあいだに注意をどれだけ引きつけられるかを「数字」で表現したものです。
この数字は、注意をひきつけやすい確率を示しています。
各エリアに付随しているスコアは、画像を見た時の最初の3~5秒間の、注意が引かれる確率を表します。
奥の店舗が目立っています。

視線トラッキングチャートは、画像を見た時の、視線の動きの予測を表したものです。
番号の箇所は、視線が留まりやすい所です。

こちらでは奥の二階店舗の看板⇒居酒屋の看板⇒居酒屋の入口⇒居酒屋の二階という順番で視線が動いています。
さて、今回はもっと目立つ看板にするためにデザインを考えてみましょう!
それでは、エンドライン流ビフォーアフター大改造をやってみましょう(^^♪

【変更点】

まずは色を変えてみます!「赤が目立つ!」言われていますので全部赤にしてみます。

さて、分析をやってみましょう!

ヒートマップ、リージョンマップ、視線トラッキングチャートで分析すると、明らかに看板視認性が上がっています。
奥の店舗が目立っていますが、同等なレベレルで居酒屋さんも目立っています。
流れ上は奥の店舗の後になりますが、単純に視線を集めるという点では十分に効果が上がったと言えます。

【まとめ】

目立つ色を使うことで視線を集めることが出来ます。周辺環境と、店舗のイメージに合わせて適切な色選びが必要です。

エンドラインは看板を科学する