看板科学の知見

第2回:ウインドウの派手な看板は目立つのか?

heatmap02_1_mini

街中で目立っている看板があります。オレンジ色に赤文字がメインです。
特に価格表記を大きくしているところから、価格帯を訴求したいのだと思います。
パッと見て目を引きそうですが、本当に視認性が高いのか検証したいと思います。

【解説】

人間の目には、視覚的要素を決める重要な要素があります。それらは、次に挙げる要素になります。

明暗度
赤/ 緑の色コントラスト
黄/ 青の色コントラスト
文字、輪郭

視線予測サービスで解析する画像に、それぞれの ” 視覚的要素 ”がどの程度含まれているかによって、解析結果が変化します。
これらの視覚的要素を理解してデザインを変更することで、視覚に与える影響を最大にすることが出来ます。

heatmap02_2_mini

ヒートマップとは、最初の3~5秒のあいだに注意をどれだけ引きつけられるかを「色」で表現したものです。
注意を引きつけやすい場所は暖かい色である黄色や赤といった色で、注意を引きつけにくい場所は寒い色である青や緑といった色で表されます。
ヒートマップを見ると一目瞭然!
コンビニの看板は目立っていますが、整体の看板は残念ながら目立っていません。

heatmap02_3_mini

上の図はリージョンマップというもので、最初の3~5秒のあいだに注意をどれだけ引きつけられるかを「数字」で表現したものです。
この数字は、注意をひきつけやすい確率を示しています。
各エリアに付随しているスコアは、画像を見た時の最初の3 ~ 5 秒間の、注意が引かれる確率を表します。
このリージョンマップでも分かる通り、ほぼ視認性がありません

heatmap02_4_mini

視線トラッキングチャートは、画像を見た時の、視線の動きの予測を表したものです。
番号の箇所は、視線が留まりやすい所です。

こちらでもほぼ見られていません。

なぜでしょうか?

【問題点】

・下のコンビニと色の系統が同じ(赤とオレンジは同じ暖色)
・更に全面オレンジの中に同系統の「赤色」を使用している
・全部を強いインパクトにしているので、長時間見るのがきつい

【改善策】

・オレンジではなく、色そのものを変える(例
・同系色を同時に使用しない(赤とオレンジではなく、オレンジと青・黄色と青など)
・訴えたい情報を整理して、デザイン上余白を作る

【勝手に改善例】

before

heatmap02_1_mini

after

heatmap02_5_mini

視認性が高まるように、デザインを変更してみました。
・背景を黄緑に、赤の帯・黄色の文字を使用
・書体をゴシック体に

さて、分析結果は如何に?

ヒートマップ

before

heatmap02_2_mini

after

heatmap02_6_mini

リージョンマップ

before

heatmap02_3_mini

after

heatmap02_7_mini

視線トラッキングチャート

before

heatmap02_4_mini

after

heatmap02_8_mini

ヒートマップ、リージョンマップ、視線トラッキングチャートで分析すると、明らかに視認性が変わっています。

【まとめ】

派手な色を使うよりも、色のコントラストや書体を考えたデザインで看板設置しましょう。
また、情報は多くならない様に、極力少ない文字数(15文字以内)でメインキャッチを作りましょう。

エンドラインは看板を科学する