看板科学の知見

第2回:見られる看板には意味がある! ~見られる看板は派手とは限らない~

今日は見られる看板はどのような看板なのかについて書きたいと思います。

広告物は「視認性」と「誘目性」を高めるために工夫をして作成するものです。
「視認性」と「誘目性」については、また後日記事にしたいと思います。

認知度の高い看板は一般的に「大きい」「他と違う」など派手で目立つ傾向にあります。

しかし、みんなが同じように派手な看板を使うと、人は看板を広告物ではなく景色として認識し、広告の意味がなくなってしまいます。

つまり「派手なだけ」では認知される看板とは言えません。
周りと違う個性や、見る人の興味の対象となるもので目をひき、
認知してもらう必要があります。
例えば動く看板だったり、音が鳴る看板だったり・・・。

人の目を誘導し、他社とは違う看板を提示することで、初めて人は宣伝内容を認知します。

このように、エンドライン株式会社では
無料でヒートマップという技術を使い、視線予測を測ることができます。
これで自社の広告物がどれほど注目されているか確認することができます。

そのような広告物をお求めの方、またご不明な点がありましたら
エンドライン株式会社までお気軽にご相談くださいね。

エンドラインは看板を科学する