商品案内

電飾看板

電飾看板はその名の通り電気で光らせる看板なので日中だけではなく、夜も広告効果を持続させることが出来ます。
中から光を照らす「内照式」と、外からスポットで光を当てる「外照式」の2種類があります。

内照式看板は店舗入り口上部の看板(ファサードサインと言います)などに使用したりします。

特長は、光を遮らない「FFシート」と言う素材に「電飾用シート」を貼るので、繁華街や明るい場所でも目立ちます。


難点は蛍光灯を変える場合、看板業者を手配して変えないといけないので費用がかかります。

※LEDですと交換はほぼ必要ありません。現在はLEDの方が主流になっています。


外照式は、スポットライトにより看板を照らします。


ill2_mini


内照式よりインパクトは弱いですが、メンテナンスは非常に楽です。

こちらもLEDが主流になっています。


看板のデザインとスポットのイメージも一致させましょう。


電飾看板は、夜に集客したいお店には必須の看板です。

また、夜営業をしなくても、電飾看板をつけていれば24時間働く営業マンになります。


飲食店の事例・活用事例


福岡市東区にある焼肉屋明秀苑様の電飾看板の事例です。


ill3_mini


この看板のターゲットは車のお客様ではなく、歩行者の方です。

また、お店の強みが「肉の質」や「空間」です。

デザインは歩行者目線にして細かい文字も敢えて入れています。

また、強みのキャッチコピーをそのまま入れて、肉と店内が分かる写真も掲載しています。


そして、飲食店で一番やらなければいけないですが、意外とやっていない事。

それは「価格」を明記するという事です。


この看板では「どんな空間で」「どんな料理が」「いくらで食べれるのか?」が分かる様になっています。

商品案内

エンドラインのノウハウを詰め込んだ商品です!
  • のぼり
  • 垂れ幕・横断幕
  • 屋外看板
  • 屋内看板

看板科学の知見